ギャンブルにまつわるヘビーメタルの名曲について

音楽は、日常の生活の一部を切り取ることで、人の気持ちや人生の夢を表現します。ヘビーメタル、ソウル、ロック、カントリー、ポップメタルなどの多数のアーティストが、ギャンブルやポーカーに触発されて、その浮き沈みを歌で表現しています。賭け事は非常に人気があるので、ギャンブルは日に日に増加しており、ギャンブルに関連した歌や音楽、テレビ番組がかなり注目されています。ギャンブルとカジノというテーマは、同テーマに関連した曲を数多く生み出してきました。

以下では、ギャンブルにまつわる、又はギャンブルに影響を受けているメタルソングの名曲です。

モーターヘッドの『スペードのエース』- 1980年

『スペードのエース』は、モーターヘッドのメタルフュージョン曲です。この曲は、ギャンブルにまつわる曲の中でも、最も人気があります。多くの有名なギャンブルのプラットフォームでいつも再生されており、これを聞いたプレイヤーが再びアクセスするよう促しています。曲は、ギャンブル依存症になったギャンブラーの話で、いつの日か勝利の幸運が手に入るはずと信じて、いつも自分をプレイへと駆り立てています。1980年にリリースされ、大ヒットしました。世界各地でカバーやリメイクされ、何度も演奏されています。

メガデスの『終わりなき旅路』- 1994年

『終わりなき旅路』は、1994年にメガデスがリリースした名曲で、ギャンブルに関連しています。ギャンブルが個人だけでなく、社会に与える影響を描いており、そのスタイルとタイトルによって、バンドファンに衝撃を与えました。

ディープ・パープルの『スモーク・オン・ザ・ウォーター』- 1971年

『スモーク・オン・ザ・ウォーター』は、1971年にディープ・パープルがリリースしたギャンブルにまつわる有名なヒット曲です。魅惑的なポートフォリオと耳に残るようなビートで、曲がリリースされ演奏されるやいなや、多くの人の心を掴みました。この曲は、アルバムのレコーディング会場となったスイスのモントルーカジノでの出来事にインスピレーションを受け、作曲されました。観客の一人がフレアガンを持ち込み、ステージに向かって発砲した結果、ステージ上で火事が発生したのです。ステージ上で火が燃え盛る中、ジュネーヴの湖を横切って昇っていく煙を全員が目の当たりにします。これが、曲中の出来事のインスピレーションとなりました。

アイアン・メイデンの『天使とギャンブラー』- 1998年

『天使とギャンブラー』は、1998年にリリースされた大ヒット曲で、ヘビーメタルのファンにとって、バンドの心理状態を深く理解させるものでした。アルバム『バーチャルXI』の一曲で、最初のB面に収録された曲です。この曲では、ギャンブラーがサイコロを振るのをやめようとするのですが、ギャンブルの世界から抜け出すすべがないと気づいた時の様子を描いています。それゆえこの曲は、ギャンブル依存症の悲惨な面を告白したものとして知られていきました。