top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go introduce
Go infomation
Menu
Go food menu
Go drink menu
Live Schedule
Go night live schedule
Go concert schedule
Go Live Review
Artist profile
Go regular artist
Go guest artist
Go pamph
Interaction
Go mail
Go mobile
etc
Go media
Go link
Go lecture
  
Go piajulien-live.jp
  
Go artist site
Go suzuki site
Go fujitani site

過去のライブレビュー/最新2003年1〜3月2002年11・12月2002年9・10月2002年7・8月2002年5・6月2002年3・4月2002年1・2月2001年以前

 ・ 3月26日 第15回藤渓優子シリーズ企画
 ・ 3月23日 ミレック・ティボラ氏アコーディオンライブ
 ・ 3月19日 渡邊一毅 ナイトライブ
 ・ 2月26日 第14回藤渓優子シリーズ企画
 ・ 2月14日 フェニーチェコンサートvol.2
 ・ 1月29日 第13回藤渓優子シリーズ企画


第15回 藤渓優子シリーズ企画

3月26日(水)に藤渓優子さんシリーズ企画の第15回が行われました。今回のゲストは、ファゴットの滝本博之さんと当店でもお馴染みのフルートの武村美穂子さん、そしてピアノの藤渓優子さんのトリオで行われました。

当店初登場の滝本さんはオーケストラなどでもご活躍されておられる大ベテランで、当店での演奏にも期待が集まります。

 
1ステージ目の曲目は、ドゥヴィエンヌの「フルート・ファゴットとチェンバロのためのソナタハ長調」、クーラウの「Trio Op.119 第1楽章」など。2ステージ目では、ドニゼッティの「Trio」、グラナドスの「Andaluza」など、フルート&ファゴット&ピアノのトリオが、余すところなく楽しめる選曲でした。

 
曲の間のトークでも、プログラムの選曲理由やぞれぞれの曲の魅力・聴きどころなど、ちょっとためにもなるお話も。

滝本さんは、当企画の18回にもファゴットカルテット(ファゴットが4本も!)で登場頂く予定です。是非、お楽しみに。

 


ミレック・ティボラ氏アコーディオンライブ

3月23日(日)のナイトライブには、ポーランド生まれのアコーディオニスト、ミレック・ティボラ氏をお招きしました。

今回、ミレック・ティボラ氏は観光とプライベートな公演のために来日され、この機会を利用されての当店での出演です。

 
重厚な演奏が持ち味のミレック・ティボラ氏の演奏は、まさにアコーディオン一台で演奏されているとは思えないほどの豊かで厚みのある音。店内でも、ミレック・ティボラ氏の演奏に身を委ねて聞き入るお客さまの姿が見られ、静かに盛り上がったライブとなりました。

 


渡邊一毅 ナイトライブ

3月19日(水)には、当店初登場の渡邊一毅さんによるクラリネットライブが行われました。

渡辺さんは、神戸市出身で現在東京芸術大学在学中の若きクラリネッティストです。今回は演奏活動で帰神されており、この機会に当店でも出演いただきました。

 
当日のライブでは、ガーデ作曲「バラード」のようなロマンティックなものから、ショーソン作曲「アンダンテとアレグロ」のような情熱的なものまで幅広い選曲。

渡辺さんの柔らかくも魅力的な音色を、お客様にも存分に堪能していただける素晴らしいステージとなりました。

 


第14回 藤渓優子シリーズ企画

2月26日(水)に藤渓優子さんシリーズ企画の第14回が行われました。今回のゲストは、トランペットの雲井千賀さんです。

今回は、シリーズ企画の趣旨のひとつでもある「さまざまな楽器と音を体験していただく」ということもあり、3つのトランペットを使った選曲とステージ構成でした。

 
1ステージ目では、NHKドラマから「うらら in the sky」やハイドンの「トランペットコンチェルト」、後半のステージでは、ミュージカル「ウエストサイドストーリ」から等、幅広いユニークなものでした。

雲井さんのトランペットらしい張りがありながらも優しい音が、店内を包みこむようなステージでした。

 
また、恒例の曲間トークでは、3種のトランペットの違いの解説や吹き比べから、雲井さんがトランペットを始めた頃のお話などをお伺いすることが出来ました。

次回のこの企画は、フルートの武村美穂子さん、ファゴットの瀧本博之さんをお迎えします。是非、お越し下さい。

 


バレンタイン企画 フェニーチェコンサートvol.2

2月14日(火)に、バレンタイン企画 フェニーチェコンサートvol.2が開催されました。

今回で2回目となるこの企画では、馬場恵子さんと馬場清孝さんのお二人をお迎えして、オペラ「愛の妙薬」からの抜粋でお送りしました。(→右写真)

 
お二人の好演に店内は大いに盛り上がり、好評のうちにアンコールまでをおえることが出来ました。

その後には会場にこられていた田原祥一郎先生も飛び入りで歌声を披露。満場のお客様も大喜び!(←左写真)

また、6月6〜8日の三日間には、6周年記念特別企画三日連続で田原先生のソロリサイタルが決定しました。フェニーチェコンサートも次回を企画中です。どちらも、ぜひお越し下さい。

 


第13回 藤渓優子シリーズ企画

1月29日(水)に藤渓優子さんシリーズ企画の第13回が行われました。

今回のゲストは、シリーズ初の打楽器・マリンバの辻香織さんです。マリンバとは木琴の大きなもので、木の温かみのある音が特徴的です。ステージの時間になると、マリンバのバチを沢山抱えた辻さんと、赤いドレスの藤渓さんが登場。

 
1ステージ目では、マリンバ独特の丸みのある音がチェロ独奏曲に栄える無伴奏チェロ組曲第6番からの「ガボット1・2」、2ステージ目では、アイルランド出身のエンヤのスモイチムなどが演奏されました。

ステージいっぱいの大きなマリンバを前に、舞うように演奏する辻さんの動きにお客様の視線が集まります。

 
また、曲間のトークでは、普段目にすることのないマリンバと言う楽器についても伺い、特性の異なるバチによるたたき比べなども行われ、とっても楽しくも興味深いトークが繰り広げられました。