top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go introduce
Go infomation
Menu
Go food menu
Go drink menu
Live Schedule
Go night live schedule
Go concert schedule
Go Live Review
Artist profile
Go regular artist
Go guest artist
Go pamph
Interaction
Go mail
Go mobile
etc
Go media
Go link
Go lecture
  
Go piajulien-live.jp
  
Go artist site
Go suzuki site
Go fujitani site

過去のライブレビュー/最新2006年7〜12月2006年1〜6月2005年7〜12月2005年1〜6月2004年7〜12月2004年1〜6月2003年10〜12月2003年7〜9月2003年4〜6月2003年1〜3月2002年11・12月2002年9・10月2002年7・8月2002年5・6月2002年3・4月2002年1・2月2001年以前

 ・ 12月3日(日) 長原幸太さん ナイトライブ
 ・ 11月18日(土) 藤江圭子さん 第100回出演記念コンサート
 ・ 11月5日(日) 若林暢さん 近藤緑さん デュオナイト
 ・ 9月23日(土)、24日(日) 実験オペラ劇場「カルメン」
 ・ 8月20日(日) 晴さん 雑賀さん 藤江さん オペラナイト
 ・ 8月17日(木) 長原幸太さん ヴァイオリンライブ
 ・ 8月4日(金) 岩谷さん&西谷さん&鳥羽さん トリオライブ
 ・ 8月2日(水) 松村茜さん ピアノライブ
 ・ 7月4日(火) 岩谷祐之さん ヴァイオリンライブ


長原幸太さん ナイトライブ

12月3日(日)には、ヴァイオリンの長原幸太さんによるナイトライブが開催されました。ピアノは鈴木華重子さんです。

8月、10月の当店ナイトライブと同様、今回も札止めの大盛況で開始前から店内は凄い熱気です。
ステージでは、長原さんのヴァイオリンはもちろん、今回も彼の交友関係による多くのゲストアーティスト達が参加してくれました。

左写真は、集まってくれたゲストさんたちと「モーツアルト交響曲41番ジュピター」の演奏中風景です。次の機会に39番も38番もやってくれるとのこと。

今回も、お客様も引き込んで盛り上がる「長原キャラ」は健在で、夜遅くまで延々演奏は続けられ、最後までお客さんを夢中にするステージでした。

 


藤江圭子さん 第100回出演記念コンサート

11月18日(土)には、ピアノの藤江圭子さんの当店通算100回出演記念のコンサートが開催されました。

藤江さんはその登場回数が示すとおり、当店が最もお世話になっているアーティストの1人。声楽家さん達の強い信頼のもと、伴奏を中心に出演いただいております。
そのため、100回記念のライブにも関西オペラ界を代表する声楽家さん達が駆けつけ大変にぎやかなものになりました。

様々なゲストによる3時間に余る大熱唱と、藤枝さんのピアノの感動の一夜でした。藤江さん、これからもよろしくお願い申し上げます。

 


実験オペラ劇場「カルメン」


9月23日(土)、24日(日)に開催された、実験オペラ「カルメン」。大成功のうちに終了しました。(上記写真は出演者全員による集合写真)

様々な「実験」的な要素があった今回のステージ。店内の空間、照明、位置のすべてをフル活用して見事に上演されました。

元々はホールでの上演を前提として作られたビゼーの大オペラです。それをステージの空間をお客様と共有し、手の届くような距離での上演を楽しんでいただくということをテーマにした今回。演出、音楽、振り付け、そして大歌手の皆さんが考え、そして作りこんでのステージでした。

今回以上のものが、今後できるかどうかとすら思いましたが、大成功を収めた以上は更なるものがあるものと思っています。是非ご期待ください。

 


晴さん 雑賀さん 藤江さん オペラナイト

8月20日(日)には、4月に続いて、ソプラノの雑賀美可さん バリトンの晴雅彦さんによるオペラライブが開催されました。ピアノは藤江圭子さん。

この企画は、クラシック音楽や歌唱を詳しい人にも、そうでない人にもより楽しんでもらおうというパイロット企画です。

右写真のような、後半のステージでの会場が爆笑の渦になるようなオペラの一部分を切り出した寸劇もあり、また前半ステージのシリアスな歌唱有りと、音楽の多面的な楽しみ方をもたらしてくれます。

今回も、面白いだけでも、真面目なだけでもない。本当のエンターテイメントであるとともに芸術であるクラシックを堪能できるステージでした。未定ではありますが、次回もまたお楽しみに。

 


長原幸太さん ヴァイオリンライブ

8月17日(木)には、大阪フィルの若き首席コンサートマスタ・長原幸太さんによるナイトライブが開催されました。いつもにもまして、会場は大入り。臨時のいすも用意されました。ピアノは鈴木華重子さん。

長原さんの当店ステージは、質も量も本当にすごい。当店では普段はは前後半ステージに分けているのですが、長原さんはご本人が弾きつかれて休憩される以外は、何時間もそれこそ終電直前まで弾きっぱなし。その音楽に書ける情熱には脱帽です。今回もトークと小休憩を挟みながら、23時ぐらいまで演奏を続けられました。

今回は、予定していたプログラムが終了したところから、遊びに来ていたチェロの金子鈴太郎さんも参加され、お客様も大盛り上がり。物足りないという感想がありえないステージでした。次回も10月に出演していただく予定ですので、是非お楽しみに。

 


岩谷祐之さん&西谷牧人さん&鳥羽亜矢子さん トリオライブ

8月4日(金)には、若き兵庫県芸文のトップアーティスト、ヴァイオリンの岩谷祐之さんと、チェロの西谷牧人さんの共演に、ピアノの鳥羽亜矢子さんを加えたトリオライブが開催されました。

演奏された曲目は、ベートーヴェンの三重奏曲「街の歌」のほか、ピアソラや、ハッピーバースディ変奏曲などでした。

前回3月のライブと同様、大入りのお店です。最近出ていただいている若いアーティストさんたちに老若男女のファンの方々がついておられます。

これも、観客の方々に満足していただけるように試行錯誤するアーティストさん達の努力の賜物。しばしば満員のお店で熱狂的なステージが開催されています。本当に素晴らしいステージでした。

 


松村茜さん ピアノライブ

7月2日(水)には、松村茜さんによるピアノライブが開催されました。

予定していたプログラム以外にも、ジュリアード音楽院時代のお友達である、ジャズピアニストの松永貴志さんが来店されたり、高校時代のお友達もステージに出ていただきトリオも。

本人のステージが素晴らしいことはもちろん、右の写真のようにアーティストの横のつながりで大いに盛り上がりました。

仲のいい友人同士の演奏というのは、単なる技術的な巧拙とはまた別の何ともいえぬ良さがあります。こういうところが家でCDを聴くだけでは味わえない生演奏の楽しいところです。

 


岩谷祐之さん ヴァイオリンライブ

7月4日(火)には、兵庫県芸術文化センター付属オーケストラ所属のヴァイオリニスト、岩谷祐之さんによるナイトライブが開催されました。

彼は全くもって素晴らしい演奏家で、当店のような小さなお店でも、持てる力を出し惜しみすることなく披露してくださいました。

プロコフィエフの「ヴァイオリンソナタ第1番」、べートーヴェンの「ヴァイオリンソナタ第9番 クロイツェル」、フランクの「ヴァイオリンソナタ」を計3時間にも渡って精力的に演奏くださいました。それを支える鳥羽亜矢子さんも凄いテクニックも素晴らしいものでした。

お客さまも素晴らしい緊張感で固唾をのんで聴き入り、彼の演奏についていきます。全くレベルの高いステージと、客席でした。

彼らには必ずやまた来演していただくつもりですので、是非お楽しみに。