top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go introduce
Go infomation
Menu
Go food menu
Go drink menu
Live Schedule
Go night live schedule
Go concert schedule
Go Live Review
Artist profile
Go regular artist
Go guest artist
Go pamph
Interaction
Go mail
Go mobile
etc
Go media
Go link
Go lecture
  
Go piajulien-live.jp
  
Go artist site
Go suzuki site
Go fujitani site

過去の特別ライブレビュー/最新2002年3・4月2002年1・2月2001年以前

 ・  12月31日 大晦日カウントダウンコンサート
 ・  12月24日 クリスマス特別企画
 ・  12月 3日 アーティスト忘年会 in PIA Julien
 ・  8月5、7日 名雪菜穂 特別ライブ in PIA Julien


大晦日カウントダウンライブ

当店PIA Julienにて「大晦日カウントダウンコンサート」が催されました。

今回のライブは、新年までの年越しを当店レギュラーアーティスト総出演の音楽で楽しんでいただくことを目的としたものでした。その様子を写真を添えてご報告いたします。


上の写真のように、ライブ開始直後から、多数ののお客さまに来店していただき非常に盛り上がったものとなりました。

ライブは、まず19:20から総司会のピアニストの藤渓優子さんの司会挨拶と、出演者の紹介で幕が開けました。(右写真 総司会藤渓優子さん)

プログラムの1番は山崎慶子さん&多久江里子さん。(左写真上)
 バッハ/主よ人の望みの喜びよ
 マスネー/タイスの瞑想   他

続いて、西本淳さん&菊川小百合さん。
 グラナドス/アンダルーサ
 ラロ/グラナダ
 リスト/ラ・カンパネラ   他


3番目は、高橋乗子さん&近藤美香さん。(上写真の下)
 ピアソラ/リベルタンゴ
 「キャッツ」より/メモリー  他

そして、22:00からは、「お客様の演奏コーナー」(右写真)。コーナーでは、自らも楽器をされるお客様のうち希望者の演奏で、ひととき和やかなムードとなりました。

その後は、小林亜希子さん&多久江里子さんによる演奏(左写真上)。
 ドヴォルザーク/5つの小品 他

5番目には辻本恵子さん&藤渓優子さんの連弾。(左写真下)
 いつか王子様が…/  他
年越しも近い23:30からは、アンサンブルの演奏をおこないました。曲目も大晦日に縁のある選曲。

パッヘルベルのカノン/
(山崎慶子fl 小林亜希子vn 高橋乗子vc 辻本恵子pf 右写真上)

みんなで歌う[喜びの歌]/
(山崎慶子fl 武村美穂子fl 小林亜希子vn 高橋乗子vc 多久江里子pf 右写真下)

ここで、2002年1月1日0:00となり、年越しのカウントダウンが行われ、新年の挨拶があちこちで交わされました。その後は、アンサンブルでの演奏が続けられました。曲目も、今度は新年に縁のあるものが演奏されました。

みんなで歌う[一月一日]/
(山崎慶子fl 小林亜希子vn 高橋乗子vc 辻本恵子pf)

美しき青きドナウ/
(山崎慶子fl 武村美穂子fl 小林亜希子vn 高橋乗子vc 藤渓優子pf)

その後は、武村美穂子さん&田中靖子さんによる演奏(左写真)。
 宮城道雄/春の海
 バッハ/フルートソナタ ホ長調   他

最後は、塚田めぐみさん&辻本恵子さんの演奏でライブを締め括りました。
 上を向いて歩こう/   他

アンサンブルの「パッヘルベルのカノン」と「美しき青きドナウ」、「一月一日」は、アーティストは打ち合わせなしでの初見演奏で行われ、「喜びの歌」は楽譜がなかったにもかかわらず、オーケストラの経験あるアーティスト達が打ち合わせなしの暗譜で合唱の部分を演奏したため非常にエキサイティングなものとなり、お客様にも好評をいただきました。

このように、「大晦日カウントダウンライブ」は、当店レギュラー陣び豪華な顔ぶれで、一夜にさまざまな楽器の音色で音楽を奏でつつ、盛況のうちに閉会となりました。ご来店の皆様、まことにありがとうございました。

 


クリスマス特別企画

 
去る12月24日月曜日、当店PIA Julienにてクリスマス特別企画「クリスマスソングを連弾で・・・」が催されました。

当日の演奏は、藤渓優子氏と辻本恵子氏によるピアノ連弾でした。


サンタなお二人

曲目は、以下の通りでした。


 バッハ/
  主よ、人の望みの喜びよ、目覚めよと呼ぶ声がする
 サティ/
  ジュ・トゥ・ヴ 
 ディズニーより/
  「いつか王子様が・・・」「星に願いを」

 ・・・に加えて
  「ジングルベル」、「ウィンター・ワンダーランド」、
  「ホワイトクリスマス」、賛美歌メドレー  ...他


クリスマスに沿った曲目で、クリスマスイブの晩餐を楽しむ満員のお客さまにお楽しみいただけたかと思います。

また、当日にはピアニストの方はサンタの格好(上記写真)で演奏していただき、藤渓優子氏と辻本恵子氏の御二人の運ぶ音楽のクリスマスプレゼントに好評をいただくことができました。
 

 


アーティスト忘年会 in PIA Julien

 
去る12月3日月曜日、PIA Julienで日頃演奏しているレギュラーアーティストの皆様での忘年会が、当店PIA Julien内にて催されました。

その様子を少しだけですが、写真を添えてお届けいたします。


忘年会の様子

今回の忘年会は、単なる年忘れというだけでなく、日頃から舞台の上で話す機会の多いアーティストの方々に「話し方」を学んで頂くため、プロのアナウンサーをお招きしてお話をお伺いするという特別企画付きの忘年会でした。


プロのアナウンサーの方
アナウンサーの方からは、単に話すことだけではなく「観客席への視線の取り方」や「マイクの上手な利用法」など実際に舞台上で役立つテクニックを実演を交えて、お話いただきました。


その後、実際に、それらのお話をもとにアーティストの皆様方が「自己紹介」をテーマに話し方の実地練習を行いました。
 



↑自己紹介をするアーティストの皆様1

自己紹介では、終始和やかな雰囲気ながらも、ポイントごとに、その場その場でアナウンサーの方にアドバイスを頂きながら行われました。
 



↑自己紹介をするアーティストの皆様2

 
自己紹介の練習の後は、アーティストの方々による演奏が行われました。様々な楽器の皆様が、その場で即興的に組んで演奏され、非常に盛り上がった忘年会となりました。
 



↑演奏するアーティストの皆様↑
 


名雪菜穂 特別ライブ in PIA Julien

 
ジュリアード音楽院在学中の期待の若手アーティスト名雪奈穂による来日特別ライブが、当店PIA Julienにおいて8月5日、7日の両日に各2回ずつ、計4回にわたって行われました。
その記念に、今回はライブの様子を写真を添えてお届けいたします。


名雪氏は、ニューヨーク在住で、今回札幌で7月に開催された「パシフィック・ミュージック・フェスティバル2001」に参加されるために来日されており、その際に縁あって当店での特別ゲストライブが実現する運びとなりました。

 
演奏曲目は、
ベートーベン:
 ヴァイオリンソナタ4番「スプリング」
マスネー:
 「タイスのめい想曲」
その他、チャールダッシュなどの名曲が揃ったラインナップでした。


伴奏者には8月5日分に鈴木華重子氏、8月7日分に大迫さゆり氏をお迎えして、演奏時間は両日とも40分程度でした。
 

 
来客の皆様にも大好評のうちに幕を閉じることができました。ご来場頂いた皆様、どうもありがとうございました。

当店では、名雪氏の活動に、今後も是非注目していきたいと考えています。

 
なお、名雪氏が参加された「パシフィック・ミュージック・フェスティバル2001」(PMF2001)の詳細については、音楽之友社発行「音楽の友9月号」に詳しく掲載されています。

また、名雪氏自身のコメントも26ページ左上にご本人の写真と友に掲載されています。(左下=音楽の友表紙、右下=名雪氏の記事)
 

    
 
過去の特別ライブレビュー/最新2002年3・4月2002年1・2月2001年以前