top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go introduce
Go infomation
Menu
Go food menu
Go drink menu
Live Schedule
Go night live schedule
Go concert schedule
Go Live Review
Artist profile
Go regular artist
Go guest artist
Go pamph
Interaction
Go mail
Go mobile
etc
Go media
Go link
Go lecture
  
Go artist site
Go suzuki site
Go fujitani site

 


guest profile title
山瀬理桜
ヴァイオリン
ハルダンゲルヴァイオリン


profile
桐朋学園大学音楽学部演奏学科ヴァイオリン科卒業。
ヴァイオリンを江藤俊哉氏、江藤アンジェラ氏、の各氏に師事。
ハルダンゲルヴァイオリンをハールバル・クヴォーレ氏に師事。

1992年より関西ニューフィルハーモニー管弦楽団やスロヴァークフィル室内オーケストラ等のオーケストラと共演。1998年からピアニストの姉とデュオを結成し、ノルウェーの「ムンク美術館内ホール」を始め、日本と北欧を中心にコンサートツアーを開始。2000年にCDデビュー後はNHKの「名曲リサイタル」に出演を始め、「サントリーホール」等でリサイタル、客船「飛鳥」の「世界一周クルーズ」でもコンサートを行う。クラシックを基盤に北欧の民族音楽やポップス音楽など、自らアレンジし取り入れ作曲も行う演奏活動が注目を集め、スカンジナビア政府観光局主催のイベントなど、北欧関係のイベントにもゲスト出演をする様になる。

2003年はハルダンゲルヴァイオリンの活動も多く取り入れ、日本各地でのコンサートやNHK-衛星第2に出演他、ノルウェー王国大使館やスカンジナビア航空(SAS)主催のレクチャーやイベント等に、ハルダンゲルヴァイオリン奏者と、講師としても招かれる。またノルウェーの新聞「アフトゥンポッスン」「ヴァンドレス」各紙に、日本人のヴァイオリニスト&ハルダンゲルヴァイオリン奏者として紹介される。

2004年に、ビクターエンタテインメント株式会社より「ゴールデン・オーロラ」でメジャーデビュー後は、NHK総合「スタジオパークからこんにちは」にゲスト出演を始め、日本の各マスメディアに出演。ノルウェーでも多数の国営NRKラジオにゲスト出演、日本人初ハルダンゲルヴァイオリニストとして紹介される。また「イタリア大使館」と「株式会社ヤマハトレーディング」主催で行われた「クレモナヴァイオリン・発表パーティー」にて、クレモナの至宝"ストラディヴァリウス「イル・クレモネーゼ」"を演奏、その様子は日本のメディア他、イタリアの各新聞にも紹介された。現在は多方面での演奏活動や、ハルダンゲルヴァイオリンの指導も行っている。

2005年7月21日、セカンドアルバム「クリスタル ローズ ガーデン」をビクターエンタテインメントよりリリース。

山瀬理桜オフィシャルホームページ

<ハルダンゲルヴァイオリン>
ノルウェーの国民的楽器で、フィヨルドで有名なハルダンゲル地方で生まれた民族楽器です。現地では「ハーディングフェ−レ」と呼ばれているこの楽器は、真珠母貝や象眼細工で花模様の装飾が施され、通常4本弦の下に、4〜5本の共鳴弦(アンダーストリング)がある事が特徴です。共鳴弦をも調弦する決まりのあるスタイルは、ノルウェー独特のものです。グリーグもこの楽器の澄んだ音色に影響を受け、数々の名曲を残しています。