top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go introduce
Go infomation
Menu
Go food menu
Go drink menu
Live Schedule
Go night live schedule
Go concert schedule
Go Live Review
Artist profile
Go regular artist
Go guest artist
Go pamph
Interaction
Go mail
Go mobile
etc
Go media
Go link
Go lecture
  
Go artist site
Go suzuki site
Go fujitani site

 


regular artist profile
ヴァイオリンDUO SAKURA
2000年より姉妹ヴァイオリン・デュオとして活躍を始める。同年度(財)青山財団「バロックザール賞」を受賞。以降毎年、東京・京都にてリサイタルを開催。



profile
田村安祐美
京都市立堀川高等学校音楽科(現京都市立音楽高等校)卒業、東京芸術大学音楽学部卒業。

第43回全日本学生音楽コンクール高等学校の部全国一位。1995年〜1999年、新日本フィルハーモニー交響楽団在籍。1998年より1年間、ドイツのケルンにて研鑽を積む。第7回ABC新人演奏会のオーディション合格。2000年度(財)青山財団バロックザール賞受賞。大学在学中よりソロリサイタル、2000年より姉妹デュオリサイタルを開催。

現在、オーケストラの客演首席を務める他、京都市交響楽団のメンバーによるラ・ビッシュアンサンブルのメンバーとして活躍している。これまでに渡辺美穂、辻井淳、田渕洋子、浦川宜也、藤原浜雄、Gerhard Bosse、ケルンにて結城千春の各氏に師事。



田村安紗美
京都市立堀川高等学校音楽科(現京都市立音楽高校)、東京芸術大学音楽学部卒業。

全日本学生音楽コンクール大阪大会・高校の部第2位、京都芸術際「奨励賞」受賞。1998年より新日本フィルハーモニー管弦楽団、第二ヴァイオリン・フォアシュピーラーとして2006年まで在籍。同交響楽団のメンバーによる「すみだ弦楽四重奏団」を結成。自主公演の他、地方公演・病院・学校など、年間約20公演を行う。

2005年9月より文化庁新進芸術家海外留学制度の研修員として、ドイツ・フライブルク音楽大学にて研鑽を積む。2007年3月帰国。これまでに、渡辺美穂、辻井淳、田渕洋子、浦河宜也、Gottfried von der Goltzの各氏に師事。