top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go introduce
Go infomation
Menu
Go food menu
Go drink menu
Live Schedule
Go night live schedule
Go concert schedule
Go Live Review
Artist profile
Go regular artist
Go guest artist
Go pamph
Interaction
Go mail
Go mobile
etc
Go media
Go link
Go lecture
  
Go artist site
Go suzuki site
Go fujitani site

 


regular artist profile
雑賀美可 ソプラノ
 
profile
奈良文化女子短期大学音楽学科声楽専攻卒業。関西二期会研究生として最年少で入所。

オペラ「ヘンゼルとグレーテル」ゲルトルート役で関西二期会デビューし、その後オペラ「椿姫」のフローラ、「魔笛」のダーメ1、「ヘンゼルとグレーテル」の魔女、「カヴァレリアルスティカーナ」のサントゥッツァ、「スペインの時のコンセプシオン」、「カルメン」のカルメン、「蝶々夫人」蝶々さん、そして難役といわれている「ワキューレ」のブリュンヒルデで絶賛される。その成果が認められ、1998年の文化庁芸術在外派遣研修員としてニューヨークにて研鑚を積む。

帰国後もリサイタルや、コンサートで活躍。1991年、1998年にジョイントリサイタルを、2000年、2003年にリサイタルを開催し、いずれも好評を博した。特にニューヨーク帰国リサイタルでは音楽誌などで絶賛される。国内オーケストラとの共演も多く、ベートーベン「第九」、モーツァルト「レクイエム」「戴冠ミサ」、ヴェルディ「レクイエム」ペルゴレージ、ドヴォルザーク「スタバトマーテル」などのソリストもつとめ現在活躍中。

第19回イタリア声楽コンコルソ金賞、第10回新人音楽コンクール第1位、第5回摂津音楽祭リトルカメリアコンクール金賞及び市民審査賞をそれぞれ受賞。

現在関西二期会、日本演奏連盟会員