top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go introduce
Go infomation
Menu
Go food menu
Go drink menu
Live Schedule
Go night live schedule
Go concert schedule
Go Live Review
Artist profile
Go regular artist
Go guest artist
Go pamph
Interaction
Go mail
Go mobile
etc
Go media
Go link
Go lecture
  
Go artist site
Go suzuki site
Go fujitani site

 


regular artist profile
川上布美  ピアノ
 
profile
1998年、兵庫県立北摂三田高等学校卒業。

1998年12月、豪州グリフィス大学クィーンズランド音楽院(Queensland Conservatorium of Music, Griffith University)の神戸入試に合格。1999年7月、渡豪し、現地の英語学校で規定の大学入学手続きに必要な英語検定試験(IELTS)コースに入学。同年11月検定試験合格。2000年2月 同音楽院に、神戸入試での高成績により奨学金(Queensland Conservatorium Incentive Scholarship)を授与されて入学。2003年、同音学院において日本での芸術学士にあたるBachelor of Music in Performance の演奏専門家学科(Intensive Major)のピアノ専攻部門を主席で卒業。

その際、グリフィス大学賞(Griffith Award)、フレッド・エラウェイ・ピアノ賞(Fred Ellaway Piano Prize)を得る。さらに引き続き、同音楽院修士課程演奏家学科(Master of Music Studies in Performance、Advanced Standing Admission Stream)に推薦され入学。2004年12月修了。

2000年、ケリー・バード奨学金(Kerry Bird Scholarship) を授与される。2002年、ブレア・ハリス(チェロ)とのデュオでバジル・ジョーンズ・ソナタ賞(Basil Jones Sonata Prize) 獲得。また、マーガレット・アン・ケリソン賞(Margaret Ann Kerrison Prize) を授与される。2003年、ヒルダ・ウールマー伴奏賞(Hilda Woolmer Accompaniment Prize)及び、オーウェン・フレッチャー専攻科奨学金(Owen Fletcher Postgraduate Scholarship)を獲得。2004年、声楽の伴奏でマーガレット・ニクソン賞(Margaret Nickson Prize)を獲得。また、キャンベラにおいて、デュラトン室内楽コンクール(Duratone Open Chamber Music Competition) にクラリネット・トリオのピアノ奏者として出場し、第一位を獲得。その他、在学中、同音学院が設けている留学生のためのメリット奨学金(Merit Scholarship for International Student)の授与者のひとりとして毎年選ばれる。2年次からは、実技集中コースであるIntensive Majorコースに受け入れられ、学内外の多くのコンサート、マスタークラス出演者として選抜される。2003年には第3回レヴ・ヴラセンコ・ピアノコンペティション(Lev Vlassenko Piano Competition)に出場。全豪、及びニュージ―ランドからの全参加者60余名の中から19名の本選出場者のひとりとして選ばれる。

ピアノを中野慶理、成瀬修、朝比奈加代、オレグ・ステパノフ、ナターシャ・ヴラセンコの各氏、フォルテピアノ(古楽器)、室内楽をスティーヴン・エマソン氏に師事。