top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go introduce
Go infomation
Menu
Go food menu
Go drink menu
Live Schedule
Go night live schedule
Go concert schedule
Go Live Review
Artist profile
Go regular artist
Go guest artist
Go pamph
Interaction
Go mail
Go mobile
etc
Go media
Go link
Go lecture
  
Go artist site
Go suzuki site
Go fujitani site

 


regular artist profile
梶栗麻紀  ヴァイオリン
profile
京都市立芸術大学音楽学部卒業。

卒業後、テレマン室内管弦楽団に入団。在籍中、同楽団員として、韓国・中国・台湾・ドイツ・への演奏旅行他、国内各地での年間100回を超えるコンサートに出演。1996年、音楽の友ホールにてリサイタル開催。退団後は、フリーランスとして、スタジオ、ステージ、ライブ等、幅広いジャンルで活動している。

近年の主な活動として、2002年4月、音楽監督中島貞夫氏の京都府文化賞受賞パーティにおいて、氏の監督作品である「極道の妻たち」の主題曲を作曲者栗山和樹氏とともに披露演奏、好評を得る。11月、ライブスペースTO DOにて、自信のライヴイベント「MAKIKO VIOLIN AMUSEMENT」開催、クラシックのみならず、ポップス、ジャズ他、多彩な音楽に取り組み、新境地を開く。ゴスペルグループ「TAEKO+THE V.O.W」のライブおよびCDレコーディング、吉本興行のタレント末成由実氏のNGKスペシャルイヴェントへの出演等、ミュージシャンやタレントのサポートメンバーとしても信頼を得ている。