top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go introduce
Go infomation
Menu
Go food menu
Go drink menu
Live Schedule
Go night live schedule
Go concert schedule
Go Live Review
Artist profile
Go regular artist
Go guest artist
Go pamph
Interaction
Go mail
Go mobile
etc
Go media
Go link
Go lecture
  
Go artist site
Go suzuki site
Go fujitani site

 


guest profile title
マチュー・エルゾーグ
(ヴィオラ)


 
profile
5歳よりトゥール市立音楽院にて音楽を始める。
1987年ブーロー ニュ ビーランクール市立音楽院に在学中、オルタンス カルティエ  ブレッソン、ミッシェル ミカラカコス、クリストフ ポワジェ、グザ ビエ ガニュパン各氏の指導を受けるとともに、室内楽に深く興味を持つ。

1998年、同音楽院にて、ヴィオラと室内楽で”プルミエプリ”受賞。1999年、エベン弦楽四重奏団(カルテット)結成し現在に至る。リヨン国立高等音楽院アダモプーロス氏のヴィオラクラスに入学するが、カルテットの勉強に全時間を費やすために自主退学する。

エベンカルテットはパリでイザイカルテット、ジュネーヴでガボール タカッチ氏、ベルリンでエベルハルト フェルツ氏に師事し、作曲家のギョルギ クルタッグ氏の教えも受ける。エベンカルテットは2002年FNAPECコンクールで優勝、2003年ボルドー国際四重奏コンクールで第2位を受賞、そして2004年最難関のミュンヘンARD国際コンクールで優勝並びに5つの特別賞を受賞した。

現在年間120回のコンサートを世界中の著名なホール(コンセルトヘボー、カーネギーホール、シャトレ劇場、シャンゼリゼ劇場、ウィグモアホールetc...)で行い、今年からフランスのサンコーム音楽祭の音楽監督もつとめている。