top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go introduce
Go infomation
Menu
Go food menu
Go drink menu
Live Schedule
Go night live schedule
Go concert schedule
Go Live Review
Artist profile
Go regular artist
Go guest artist
Go pamph
Interaction
Go mail
Go mobile
etc
Go media
Go link
Go lecture
  
Go artist site
Go suzuki site
Go fujitani site

 


regular artist profile
アンサンブル135
アンサンブル名《135》は明石の人が聞けばピンとくる数字、すなわち日本の標準時「東経135度」に由来している。メンバーはこの数字を聞いて「ピン!」とくる明石在住及び出身の4人で構成され、2003年の「モーツァルトフルート四重奏曲全曲演奏会」を皮切りに、年2回、テーマを合わせたゲストを迎えて自主演奏会を開催、クラシック音楽を身近に感じるコンサートとして親しまれている。



profile
大江浩志(フルート)
京都市立芸術大学卒業後、渡独し、85年旧西ドイツ国立ハイデルベルグ=マンハイム音楽大学卒業、同時に国家演奏家資格試験に最高点で合格。帰国後はリサイタルや室内楽など多くの演奏会に出演。88年よりモーツァルト室内管弦楽団首席奏者としてモーツァルトの協奏曲など数多く共演している。平成8年度「坂井時忠音楽賞」受賞。現在、モーツァルト室内管弦楽団首席奏者。アンサンブル・ダンツィ・大阪メンバー。相愛大学及びムラマツフルートレッスンセンター講師。日本フルート協会理事。神戸音楽家協会会員。


杉山雄一(ヴィオラ)
東京芸術大学音楽学部卒業後、ロータリー財団奨学生として渡独。フライブルグ音楽大学マスターコース修了。ヴィオラを井上武雄、江藤幹雄、中塚良昭、ウルリヒ・コッホの各氏に師事。

近年は学校教育にも関心を寄せ、兵庫教育大学大学院修士課程を修了。現在は、兵庫県内を中心に、トークを交えた親しみやすいコンサート、未就学児対象の「わくわくコンサート」などの演奏活動を行っている。

武庫川女子大学・兵庫教育大学・神戸女学院大学非常勤講師。生涯学習音楽指導員。



池添三輪子(ヴァイオリン)
兵庫県立西宮高校音楽科を経て、大阪音楽大学卒業。京都国際学生フェスティバルに出演。蓼科高原音楽祭、ワイマール・フランツ・リスト音楽院夏季ゼミナール、ゾンダスハウゼンマスターコースにて、ソロ及び室内楽のマスターコースを受講。大阪音楽大学非常勤教育助手を経て、現在フリー奏者として活動中。これまでに木田雅子、田村智恵子、外山滋、梅沢和人に師事。


高橋乗子(チェロ)
1992年兵庫県立西宮高校音楽科卒業。93年日本室内楽アカデミーオーディションで優秀賞受賞。95年愛知県立芸術大学創立記念演奏会に出演。96年愛知県立芸術大学卒業。98年同大学大学院修了。長野アスペンミュージックフェスティバル、草津音楽祭、京都フランスアカデミー、フィンランド・トウルク音楽祭に参加。これまで上塚憲一、天野武子、L・カンタ、林俊昭の各氏に師事。F・ミュレール、O・チャバ、M・ロウシ各氏のマスタークラスを受講。現在兵庫県立西宮高校音楽科非常勤講師。