top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go introduce
Live Schedule
Go night live schedule
Go concert schedule
Go Live Review
etc
Go lecture
  
  
Go artist site
Go suzuki site
Go fujitani site

 


お店&アーティストニュース

過去のお店&アーティストニュース/最近2008年分2007年分2006年分2005年分2004年分2003年分2002年分


晴雅彦さんが本年の大阪文化祭奨励賞を受賞し、その講評が関西音楽新聞の11月1日号に掲載されています。

この賞は期間内に行われた舞台に贈られるもので、「演連コンサートOSAKA49 晴雅彦バリトンリサイタル」で受賞されました。

記事中では、豊かな表現と技量で観客を楽しませる素晴らしい舞台を賞賛するとともに、晴さんのバリトンの役割にかける情熱やコメントも掲載されています。

[2008.12.8 作成]


来年から阪神電車に近鉄が乗り入れて、阪神三宮から近鉄奈良まで直通運転が始まります。

右記の画像は、そのアピールを行う看板が設置されたことを報じる神戸新聞の記事です。これはPIA Julienのあるビルの屋上のことです。

当店でも最近は奈良のアーティスト達も多いですし、アクセスがよくなって大変よいことです。これをきっかけに、奈良からもお客さんがPIA Julienの音楽を聴きに来ていただければいいですね。

[2008.10.13 作成]


当店に出演いただいているソプラノの老田裕子さんの旦那さまで、アマチュアピアニストの谷口博章さんが横浜国際音楽コンクールで「ロシア音楽賞」を受賞されました。写真はそれを伝える神戸新聞の記事です。

谷口さんはハイアマチュアのピアニストとして数々の受賞歴がありますが、今回もプロの演奏家に混じっての受賞。記事内では、西宮市役所で役所づとめの傍らピアノを続けるコツとともに、アマチュアとしてでも音楽を一生演奏を続けられる楽しさを述べておられます。

なお、谷口さんは9月に名古屋で、10月に東京でのリサイタルを開催される予定です。

[2008.9.7 作成]


当店を熱心に応援いただいている常連のお客様・中谷庄一さんの声楽活動が神戸新聞にて紹介されています。

掲載されたのは「ひとさろん」のコーナーで、病を得られた後にますます本格的に行われているホールや老人ホームでの公演活動について紹介されています。

当店のお客様には、自身も音楽をよくする方が多いのですが、中谷さんはその最たる一人。ますますお元気でがんばって下さい。そして、ご来店お待ちしております。

[2008.6.7 作成]


当店でもお馴染みのフルートの南部靖佳さんと鈴木華重子さんが、5月2日〜6日に開催された「びわ湖国際フルートコンクール」において受賞されました。

南部さんは第2位、オーディエンス賞、武者小路千家賞を併せて受賞。南部さんの伴奏で出演された鈴木さんは最優秀協演賞を受賞されました。

ますますの演奏活動の充実しておられ、応援している当店も鼻高々です。おめでとうございます。

 →第13回びわ湖国際フルートコンクール 結果速報

[2008.5.11 作成]


当店でもデュオなどで出演していただいているサクソフォンの井上麻子さんとピアノの藤井快哉さんのデュオが、サントリー音楽賞の佐治敬三賞を受賞されました。


佐治敬三賞は優れた公演に与えられる賞で、井上さんと藤井さんが昨年11月に開催したフランス現代音楽のデュオコンサートに対して送られました。上記の記事はその受賞を報道する新聞記事です。 [2008.3.9 作成]


当店でもお馴染みの大フィルのコンサートマスター長原幸太さんが、大フィルの演奏会にて指揮者の急病のピンチに急遽弾き振りを行いました。

その様子が6月15日の毎日新聞にて報じられています。「プロのお仕事」と題され、当日の事情と長原さんの弾き振り、そしてお客さんの満足のコメントが掲載されています。

急な事態に80人のオーケストラを率いる長原さんの力は素晴らしいものです。拍手喝采、頼もしいコンマスです。

[2007.6.24 作成]


右写真の造花のこの精巧さと美しさいかがでしょうか。これらは当店の十周年記念に頂いたものです。

この素晴らしい贈り物は当店にもきていただいている調律の石橋誠さんの母上様より頂きました。なんと製作に2年もの歳月を必要としたとか!

ずっとお店を彩ってくれる素晴らしい贈り物をありがとうございます。十周年以降もお客様に益々喜んでいただけるお店を目指して頑張ってまいります。

[2007.6.3 作成]