top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go introduce
Go infomation
Menu
Go food menu
Go drink menu
Live Schedule
Go night live schedule
Go concert schedule
Go Live Review
Artist profile
Go regular artist
Go guest artist
Go pamph
Interaction
Go mail
Go mobile
etc
Go media
Go link
Go lecture
  
Go piajulien-live.jp
  
Go artist site
Go suzuki site
Go fujitani site


   
2002年より、毎月最終水曜に素敵なゲストをお迎えして、藤渓 優子さんのピアノとのアンサンブルを交えながら、とっておきの音楽&楽器のお話をうかがう「トーク&ライブ」のステージをお送りいたします。


このシリーズ企画では、クラシック音楽を理解してもらい、いろいろな楽器にの音色に触れて頂こうと思っています。


毎月様々な楽器の演奏家や、声楽家にも登場していただく予定です。個性豊かで魅力的な音楽家達とのひとときを、PIA Julienのおいしい料理とお酒をお楽しみいただきながらお過ごし下さい。

料金 : 1000円(チャージ)   開始時刻 : 19:30〜 & 21:00〜

日程
ゲスト
聴きどころ
第49回
1月25日(水)
内藤謙一(cb)
ピアジュリアンでも多くのファンを持つ内藤さんをお迎えします。

「歌うコントラバス」と題して、普段は低音を刻んだり、伸ばしたり伴奏者の印象が強いコントラバスに、歌を歌わせてしまう企画です。

コントラバスは恥ずかしがったり照れるでしょうか、朗々と自己主張をするでしょうか…、お楽しみに。

内藤謙一さんのブログhttp://labyrinthos.topaz.ne.jp/
第50回
2月22日(水)
岸さやか(Ob)
小川慧巳(Fg)
松田みゆき(Pf)
サブタイトルを「オーボエとファゴットで温まって行きませんか」にしました。私はプーランクのトリオを楽しみにしています。他に、エワイゼン/パストラーレ、タンスマン/ソナチネ、モーツァルト/魔笛よりパパパの二重唱、モーツァルト/オーボエコンチェルトより、また、ピアノソロもお送りします。お楽しみに…。
第51回
3月29日(水)
武村美穂子(fl)
高橋博(cl)
クラリネットとフルートでのエキサイティングなアンサンブルです。プログラムは、ヴィラ=ロボス/ショーロス第2番ダンツィ/シンフォニア コンチェルタンテOp.41より第2、3楽章ウェブスター/カルメン ラプソディ 他をお送りする予定。当店初登場、熱きクラリネッティスト高橋博氏に乞うご期待!超絶技巧のソロも披露下さる予定です。
第52回
4月27日(木)
チェロ・カルテット
大橋友子
高橋乗子
松隈千代恵
左納実子
ピア・ジュリアン初登場のチェロカルテットです。繊細かつ、大胆に。豊かな響きと、気の合うメンバーのアンサンブルで楽しい夜になりそうです。

なお、今回は諸事情により最終木曜日の開催になります。
第53回
5月31日(水)
三好哲郎(cb)
藤井はるひ(vn)
初登場の藤井はるひさん(Vln)は、J.S.バッハのシャコンヌをメインに、サラサーテの超絶技巧ものや、パガニーニのカンタービレで美音を披露下さいます。

当企画2度目のご出演、三好哲郎さんはコントラバスでシューベルトのアルペジョーネ・ソナタを!美しい響きが生まれるには苦労もありますが喜びもひとしおです。ご期待ください。
第54回
6月28日(水)
KYOTO
弦楽四重奏団
池川章子(1st)
山本美帆(2nd)
高村明代(vla)
左納実子(vc)
前回(2004年7月)に引き続き、ベートーヴェン全曲演奏に取り組んでおられます。

きめ細かく、でものびのびと、4人のハーモニーに細心の注意を払って作られる音楽、贅沢な響きに身をゆだねて下さい。
第55回
7月26日(水)
中村真美(cl&bcl)
渡邊悦朗(fg)
当店お馴染みのお二人でついに企画に登場です。プーランクの音楽に特に造詣の深い渡邊悦朗さんと、作曲家と交流のあった演奏家の薫陶を今も現地で受けている中村真美さんのデュエットをお送りします。

プーランクの魅力(皮肉たっぷりな滑稽さと、裏腹なデリケートな美しいメロディー、そして、それが共存する不思議なバランス)をくっきりと、手に取るようにお伝えします。ポピュラーなメロディーも挟んだプログラムでお待ちしています。
第56回
8月30日(水)
尾崎比佐子(sop)
久々に歌手のゲスト、それも、ソプラノの尾崎比佐子さんの登場です。お馴染みの日本の歌を、あの美声で…。

そして、今年はやはりモーツァルトのオペラ、「フィガロの結婚」から伯爵夫人のアリア、また、伯爵夫人の若かりし頃のオペラ「セヴィリャの理髪師」(ロッシーニ作曲)から「今の歌声は…」などなど、贅沢なナイトライブをお楽しみ下さい。
第57回
9月27日(水)
アンサンブル・ハーツ
(リコーダー)
当企画初登場のリコーダーアンサンブルですが、実は大晦日のカウントダウンライブでは常連さん。この魅力を、ぜひ普段のライブでも、とメンバーさん(皆さん社会人です)特別にお願いしました。

リコーダーが最も活躍したバロック時代の音楽や世界の名曲から近現代作曲家によるリコーダーのための音楽で、リコーダーの魅力をお伝えします。ギターとのアンサンブルや、藤渓企画ならではのピアノとのセッションもお楽しみください。
第58回
10月25日(水)
丸山泰司
(バリトン)
当店初登場の丸山さんは、ドイツとイタリアで研鑽を積まれたバリトンです。つい、先日オール モーツァルト オペラアリアのリサイタルを終えられたところですので、モーツァルトもお送りしますが、やはり、シューベルトのドイツ歌曲や、トスティのイタリア歌曲も歌ってもらいます。そして、ドニゼッティやヴェルディのオペラからも有名なアリアをお届けします。

贅沢なプログラムと、友情出演のソプラノ木澤香俚さんとのデュエットまでお送りする、豪華な一夜をお楽しみ下さい。
第59回
11月29日(水)
木澤香俚(sop)
シリーズ企画への2度目の登場となる木澤香俚さんは、毎年恒例のソロリサイタルを先月に終えられたところですが、今月はまた別のプログラムをご披露いただきます。(ヴィラ=ロボスのブラジル風バッハ第5番全曲も特別にお願いしました。)

近年は日本国内のみならず、フランスやスイスにも演奏活動の場を広げ、ますます充実する木澤さんの輝く宝石のような歌達をお楽しみ下さい。
第60回
12月27日(水)
デュオ音登夢
 木村直子(vn)
 木村政雄(vc)
シリーズ企画も皆様のお陰で60回目を迎えます。Vol.1に出て下さった音登夢ご夫妻に年忘れライブと題しておいで願っています。

モーツァルト生誕250年も最後の月に…。木村政雄さんアレンジの「トルコ行進曲」はヴァイオリン、チェロ、ピアノでお送りします。そして、年末と言えば…、のあの曲も、短縮版ですがピアノトリオでお送りする予定です。
過去終了分/2006年2005年2004年2003年2002年
/div>

Go top page