top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go introduce
Go infomation
Menu
Go food menu
Go drink menu
Live Schedule
Go night live schedule
Go concert schedule
Go Live Review
Artist profile
Go regular artist
Go guest artist
Go pamph
Interaction
Go mail
Go mobile
etc
Go media
Go link
Go lecture
  
Go piajulien-live.jp
  
Go artist site
Go suzuki site
Go fujitani site


   
2002年より、毎月最終水曜に素敵なゲストをお迎えして、藤渓 優子さんのピアノとのアンサンブルを交えながら、とっておきの音楽&楽器のお話をうかがう「トーク&ライブ」のステージをお送りいたします。


このシリーズ企画では、クラシック音楽を理解してもらい、いろいろな楽器にの音色に触れて頂こうと思っています。


毎月様々な楽器の演奏家や、声楽家にも登場していただく予定です。個性豊かで魅力的な音楽家達とのひとときを、PIA Julienのおいしい料理とお酒をお楽しみいただきながらお過ごし下さい。

料金 : 1000円(チャージ)   開始時刻 : 20:00〜 & 21:30〜

日程
ゲスト
聴きどころ
第25回
1月28日(水)
トロンボーン
カルテット

村井博之
風早宏隆
川畑祐記
今田孝一
今田孝一さんの伴奏をして初めてバス・トロンボーンとのアンサンブルを体験しました。あの楽器の形からは勢いのいい、大音響を想像してしまいますが、何とも豊かな「ホッ」とする音色です。

豪華にトロンボーンのスタープレーヤー達のカルテットです。紅一点の川畑祐記さんにもご注目下さい。
第26回
2月25日(水)
サクソフォン
カルテット

井上麻子(ソプラノ)
藤田友美(アルト)
鈴木恵美(テナー)
西本淳(バリトン)
人気・実力・アンサンブル、三拍子揃った花形プレイヤー達をおよびしました。

ソプラノサックスは、およそ5年に渡るフランス留学より帰国されたばかりの井上麻子さん。テナーサックス担当の鈴木恵美さんは当店人気No.1。バリトンサックスを担当する西本淳さんは、昨年暮れの「ノナカ・サクソフォンコンクール」の優勝者。そして初登場、アルトサックスの藤田友美さんを迎えてアンサンブルとソロもお送り致します。4本のサクソフォンで奏でる豊かなハーモニーをどうぞ。
第27回
3月31日(水)
榎田雅祥(fl) 大阪フィルハーモニー管弦楽団の首席フルーティスト・榎田雅祥さんがこの企画に出演して下さいます。その音楽と音色は筆舌に尽くし難く、練習のときから、私一人で聴いているのは勿体ないと思っています。

「ロマンスとファンタジーの夕」と題し、馴染みやすい名曲のプログラムに加えて、博識な榎田さんのお話もいっぱい聞かせて頂こうと思っています。
第28回
4月28日(水)
4月21日(水)
渡邊悦朗(fg)
増井一友(g)
「ファゴットとギターでラテンのクラシックを…」というテーマで、当店ではお馴染みのファゴッティストの渡邊悦朗さんと、ギタリストの増井一友さんがデュエットで登場です。

ファゴットとギターの何とも言えない柔らかなサウンドと、増井さんの繊細なアレンジは魅力的です。ギターの名曲アランフェス協奏曲の第2楽章もギター、ファゴット、ピアノの珍しい編成でお送りします。
第29回
5月26日(水)
ヘッケルカルテット
片寄伸也(fg)
瀧本博之(fg)
渡邊悦朗(fg)
東口泰之(fg)
ますます人気上昇中のファゴット4本のお兄さんたち「ヘッケル・カルテット」に今年もご出演頂きます。

声楽で言うとアルトからバスまでの音域だそうで、ちょうどア・カペラ・コーラスを聞いているようです。ファゴットについては ファゴットについて で御覧になれます。
第30回
6月30日(水)
中島悦子(vla) お陰さまで、今月第30回を迎えるシリーズ企画、初登場の楽器「ヴィオラ」です。

ヴァイオリンとチェロの間の音域の弦楽器で、オーケストラではたびたび目にされていると思いますが、ソロで聴けるのは珍しいと思います。テレマン作曲の無伴奏曲も披露されます。その深さと艶のある音色をお楽しみに…。

中島悦子さんとは6年前に室内楽の講習会でご一緒して、この度再会の共演です。神戸室内合奏団でも活躍される新進気鋭、自由な感性を持つ期待のヴィオリストです。
第31回
7月28日(水)
KYOTO
弦楽四重奏団

池川章子(1st)
山本美帆(2nd)
高村明代(vla)
左納実子(vc)
しなやかさと力強さを持ち併せた4人の絶妙のアンサンブル。シリーズ企画初登場の本格派弦楽四重奏です。

4人の息が合わないとできないのですが、ライブでそれぞれの動きをじっくり味わってもらえると思います。猛暑を忘れさせてくれそうな爽やかな女性たちの演奏をお楽しみに。
第32回
8月25日(水)
尾崎比佐子(sop) 尾崎比佐子さんはオペラの舞台で今最も輝いているソプラノ歌手です。一声一声が、いろんな感情や情景の移り変わりを表し、現実の時の流れを忘れさせられます。それとは対照的な真珠の粒が転がるような「コロラトゥーラ」の高音の響き…、両方を持ち合わせたプリマドンナのライブステージをお楽しみ下さい
第33回
9月29日(水)
油井宏隆(Br) 先月に引き続き、オペラのスターをお招きしています。留学先のイタリアでの演奏会やオペラにも出演して来られた油井宏隆さんは、帰国後もモーツァルトの「フィガロの結婚」のフィガロ役をはじめ多くのオペラで今、まさに大活躍中です。

「カンツォーネ」と聞くとテノール歌手のイメージが強いですが、バリトンの包容力のある豊かな声でのカンツォーネもとても魅力的。歌手としてはもちろん、大学では助教授として教鞭を執り、学生のためのミュージカルの作曲や指導もこなす、多才な油井さんのトークも是非お楽しみに…
第34回
10月27日(水)
武村美穂子(fl)
左納実子(vc)
当店でお馴染みのフルートの武村美穂子さんと、チェロの左納実子さんのお二人は、京都芸大時代の同級生でもあり、学生の頃から一緒に演奏していた仲間です。

ソロ、オーケストラ、室内楽、そしてクラシックに限らずジャンルを越えた音楽の世界で活躍中です。さわやかで、コクのあるアンサンブルを聴かせてくれています。とにかく、練習で集まるのが楽しくて仕方がない3人です。ヴィラ=ロボスの「ジェット・ホウィッスル」、ウェーバーのトリオなどをお送りします。
第35回
11月24日(水)
木村政雄(vc)
木村政雄さんは、シリーズ企画Vol.1に始まり、音登夢ディナーショー、及び松澤須美さんのディナーショーでも当店に出演して下さっています。

湧き出る泉のように豊かで穏やかな、色とりどりのチェロの音色で、どんなジャンルの音楽でも、おいしくお料理して下さいます。心をほっこりほぐしてくれながら、力強く温めてもくれる木村政雄さんのチェロで日頃の疲れを癒して下さい。
第36回
12月28日(火)
渡邊悦朗(fg)
ヘッケルカルテットのメンバーとしても当シリーズ企画で、またカウンントダウンライブでもおなじみの渡邊悦朗さんが、ソロでファゴットのまろやかな音色を、作曲家や楽器のお話も交えて聴かせて下さいます。

バッハから、フォーレ、ラヴェル、ラフマニノフ、ドニゼッティのオペラのアリア、そしてミュージカル「ウェストサイド物語」の中からも…。

来年こそは、平和な年になりますように祈りつつ…皆さんと心静かに忘年会ライブを過ごせたら…と思っています。
過去終了分/2003年2002年
/div>

Go top page