top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go profile
Go schedule
Go diary
Go collaboration
Go duet
Go link
 
 
Go PIA Julien

 


???
 
過去分のダイアリー/最新分2007年分2006年分2005年後半分2005年前半分2004年後半分2004年前半分2003年分2002年分2001年分
???
???
31日〜年越し カウントダウンライブ2008


一年の計はカウントダウンにあり。年々充実しています。
全員演奏は、ベートーヴェン作曲・木村政雄編曲「第9より」でした。

 
 
25日(火) 藤渓優子 シリーズ企画 Vol.72
      ヴァイオリンでおくるクリスマスプレゼント


蔵川瑠美さん&黒瀬奈々子さんのヴァイオリン。同級生ふたりでチャーミングなアンサンブルのひととき。

 モンティ作曲:チャルダッシュ
 ジョプリン作曲:エンターティナー
 サラサーテ作曲:ナバラ
 ビエニアフスキ作曲:エチュードキャプリスop18-1
 ビエニアフスキ作曲:コンチェルト第2番 より第1楽章
 クライスラー作曲:中国の太鼓 
 クリスマスのポプリ 

♪ゲスト/近藤緑(vn)、左納実子(vc)

♪飛び入り/メンデルスゾーントリオNo.1第2楽章
  太田雅音(vn) 左納実子(vc) 西聡美(pf)

 
 
???
28日(水) 藤渓優子 シリーズ企画 Vol.71
        トランペットソロとデュエットの夕べ


お二人のお人柄そのものの柔らかな響きにつつまれた一夜でした。


■1st stage
 プログ作曲:ファンファーレ(雲井・戸田)
 フンメル作曲:コンチェルトより第1楽章(戸田)
 ネルーダ作曲:トランペットと弦楽合奏のためのコンチェルトより第2,3楽章(雲井)
 ユボー作曲:トランペットとピアノのためのソナタより第1楽章(戸田)
 クリスマス・キャロル メドレー(雲井・戸田)
  「荒野の果てに・牧人ひつじを」

■2nd stage
 童謡・唱歌四季のメドレーより“秋のメドレー”(雲井・戸田)
  「里の秋・紅葉・野菊・村祭・虫の声・七つの子・ちいさい秋みつけた・赤とんぼ」 
 ヘンデル作曲:ラルゴ(戸田)
 ガーシュウィン作曲:誰かが私を見つめてる(雲井)
 メンケン作曲:美女と野獣のテーマ(雲井・戸田)★スペシャルゲスト渡邊悦朗(fg)
 ヴェルディ作曲:アイーダより/凱旋行進曲(雲井・戸田)

 
 
19日(月) 紅葉狩り・晩秋の京都西山ハイキング


ハイク14(神戸高校14回生のハイキンググループ)に参加させてもらって、善峯寺→三鈷寺→金蔵寺→正法寺→大原野神社と、歩きました。おいしい空気と紅葉に浸った一日でした。

 
 
14日(水) ヒルトンプラザトワイライトコンサート
      〜 共演:木澤香俚(ソプラノ) 〜


日本歌曲の素晴らしさを改めて感じました。言葉がわかる、メロディーを耳にした事があるからでしょうか、大勢の方が足を止めて聴いて下さいました。


1.荒城の月/ 滝廉太郎 作曲
2.宵待草 /多忠亮(おおのただすけ) 作曲
3. 鐘が鳴ります /山田耕筰 作曲
4. 待ちぼうけ  /山田耕筰 作曲
3. スカルラッティ作曲
5. からたちの花 /山田耕筰 作曲
6. 砂山 /山田耕筰 作曲
7. この道 /山田耕筰 作曲
8. 赤とんぼ /山田耕筰 作曲

 
 
5、6、7日  Jazzical Class with トム兼松(g) Live at HADOWS


キーボード2台で初めてのライブでした。どんなことになるかしらと思っていましたが、これはこれで、結構楽しいものですね。スタインウェイ2台にはかなわないかな…。楽しくて、スタッフの皆さんもいきいきしている、元気なお店です。

 
 
???
31日(水) 藤渓優子 シリーズ企画 Vol.70 中村美生子さん


素晴らしい先輩に出演していただきました。若手がどんどん活躍するピアジュリアンですが、こんな深くしっとりした手応えのある音はやはり、キャリアがあってこその魅力ですね。


■1st stage
連弾:中村(1st.)&藤渓(2nd.)
ビゼー:子供の遊びより「小さな旦那さまと小さな奥さま」

・藤渓優子
リスト:リゴレット・パラフレーズ

・中村美生子
ベートーヴェン:ソナタ第21番ハ長調 作品53<ワルトシュタイン> 全楽章

■2nd stage
・藤渓優子
グラナドス:アンダルーサ(スペイン舞曲第5番〜祈り〜)
アルベニス:スペインの歌より「セギディーリャ」

・中村美生子
ショパン:24の前奏曲 作品28より 15番(雨だれ)、7番、8番
ドビュッシー:前奏曲集第1集より アナカプリの丘、亜麻色の髪の乙女、ミンストレル
ドビッシュー:前奏曲集第2集より「花火」

■アンコール
連弾:中村(1st.)&藤渓(2nd.)
サティ:Je te veux

 
 
???
29日(水) シリーズ企画Vol.68
  ピアノソロから六重奏曲まで 〜素敵な仲間たちが揃う夜〜


出演・・・渡戸 由布子 (コントラバス)& 藤本 真基子(ピアノ)
特別出演・・・永嶺貴洋(vn) 永嶺厚子(vla)、ダビッド・シュレフタ(vla)、若松さより(vc)


1. ヘンデル作曲
    チェロとコンバスのためのソナタ 作品2の8 ト短調
2. ヘンデル作曲
    調子の良い鍛冶屋
3. スカルラッティ作曲
    ソナタ ハ長調
4. ゲッツ作曲
    ピアノ五重奏曲

ゲストによるソロとデュオ
1. バーバー作曲
    スーヴェニールより“ヘジテーション・タンゴ”(連弾)
2. J.S.バッハ
    主よ人の望みの喜びよ
3. デイッタースドルフ
    ビオラとコンバスのためのシンフォニアコンチェルタンテ
4. メンデルスゾーン
    ピアノ六重奏曲

 
 
???
11日(土) 中村真美さんとオーナーのバースデーライブ 


出演者は・・・
 フルート:南部靖佳、小槇周一
 リコーダー:長谷川智彦、濱野仁志
 クラリネット:中村真美、渡邊一毅
 ファゴット:渡邊悦朗  トランペット:雲井千賀
 バイオリン:近藤緑 チェロ:日野俊介 ピアノ:藤渓優子
でした。

6人でチャールダーシュを演奏
南部靖佳(fl)&中村真美(cl)&雲井千賀(tp)&藤渓優子(pf)でカルメン・ラプソディー

 
 

小槇周一(fl)&南部靖佳(fl)&日野俊介(vc)で、ハイドンのロンドントリオ
中村真美&渡邊一毅(cl) によるプーランクのデュオ
 
 
???
25日(水) 藤渓優子 シリーズ企画 Vol.67
    〜歌と弦楽器で、イタリア、日本、韓国の名曲を〜
          金桂仙(sop)、近藤緑(vn)、左納実子(vc)


夏らしい色合いの、美しいチマ・チョゴリ姿で登場の金さんに、拍手とため息が客席から聞こえました。イムジン河や、千の風では涙するお客様も。

普段のピアノだけでの伴奏と違い、ヴァイオリンやチェロも一緒になると、想像以上に豊かなサウンドで歌をお届けできて、夢のようなステージでした。

最後には、客席の皆さんと、金さんの指導で韓国語の「森のくまさん」を歌って楽しみました。写真は、終演後に出演者と金さんの声楽の師匠、天野春美先生を囲んで。

★1st ステージ
■マスカーニ:アヴェ・マリア
■ドナウディ:ああ、愛する人の
■いとしの森よ/ヘンデル(飯山友子)
■アルビノーニ:アダージョ(チェロ・ソロ)
■ボッケリーニ:ヴァイオリンとチェロのためのソナタより
■プッチーニ:オペラ「トスカ」より“歌に生き、恋に生き”

★2nd ステージ
■童謡・唱歌四季のメドレーより「夏のメドレー」
■サマータイム〜茶つみ〜夏はきぬ〜かもめの水兵さん
  〜とんぼのめがね〜トゥインクル・リトルスター〜たなばたさま
  〜お星さま〜ラ・メール〜海〜われは海の子〜砂山〜椰子の実
■貴志康一:竹取物語(ヴァイオリン・ソロ)
■朴世永作詞/高宗漢作曲:イムジン河
■岡野貞一:故郷
■新井満:千の風になって
■皆さんも日本語と韓国語の歌詞でご一緒にどうぞ『森のくまさん』

 
 
???
3日(日) PIA Julienナイトライブ
      飯山友子(ソプラノ)&小村亮三(バリトン)


★1st ステージ
■愛のよろこび/マルティーニ(小村亮三)
■ガンジス川に陽は昇り/スカルラッティ(小村亮三)
■いとしの森よ/ヘンデル(飯山友子)
■ストルネッロを歌う女/レスピーギ(飯山友子)
■ふるさとの/平井康三郎(小村亮三)
■くちなし/高田三郎(小村亮三)
■鐘がなります/山田耕筰(飯山友子)
■君が野に咲くバラならば/三木たかし作・矢野正文編(飯山友子)
■ます/シューベルト(小村亮三)
■二人の擲弾兵/シューマン(小村亮三)

★2nd ステージ
■道/ノヴィコフ(小村亮三)
■白鳥/サン=サーンス(飯山友子)
■可愛い口もと/トスティ(小村亮三)
■口づけ/アルディーティ(飯山友子)
■ドン・ジョバンニのセレナーデ オペラ「ドン・ジョバンニ」より
  /モーツァルト(小村亮三)
■手を取り合って、うちへ行こう オペラ「ドン・ジョバンニ」より
  /モーツァルト(飯山友子・小村亮三)

 
 
2日(土) ナイトライブ10周年記念シリーズ
    南部靖佳(Fl)&渡邊悦朗(Fg)


写真は客席に来てくれた中村真美さん(Cl)とのトリオの様子です。


★1st ステージ
■愛の喜び/クライスラー(trio)
■ソナタより第1楽章/ガベイユ(Fl & Fg)
■ロマンス/フォーレ(Fg & Pf)
■愛の夢/リスト(Fl & Pf)
■オブリヴィオン/ピアソラ作曲・J.ブラガート編(trio)
■天使の死/ピアソラ作曲・J.ブラガート編(trio)

★2nd ステージ
■ロミオとジュリエット/N,ロータ作曲・木村政雄編(trio)
■フルートと通奏低音の為のソナタBWV1035/J.S.バッハ(Fl & Fg)
■オペラ「カルメン」より“花の歌”/ビゼー(Fg & Pf)
■オペラ「カルメン」より"間奏曲”/ビゼー(Fl & Pf)
■オペラ「ジャンニ・スキッキ」より“私のお父様/(trio)
■チャールダーシュ/モンティ(trio)

 
 
???
30日(水) シリーズ企画Vol.65
    中村真美(クラリネット)&日野俊介(チェロ)


★1st ステージ
■ベートーヴェン:ベートーヴェン:二重奏曲より(Cl & Vc)
■ハイドン:メヌエット(Vc & Pf)
■シューマン:5つの民謡風小品より第2曲(Bcl)
■J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲より(Bcl)
■J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲より (Vc)
■ブルッフ:「8つの小品」より第6番

★2nd ステージ
■ハイドン:二重奏曲より(Bcl & Vc)
■フォーレ:シチリアーノ(Bcl & Pf)
■ドビュッシー:ゴリウォッグのケークウォーク(Bcl & Pf)
■J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲より(Vc)
■フレスコバルディ=カサド:トッカータ(Vc & Pf)
■ベートーヴェン:トリオOp.11(街の歌)より第1楽章

★アンコール
■ベートーヴェン:悲愴ソナタより第2楽章(トリオ)

 
 
???
25日(水) シリーズ企画Vol.64
    アンサンブル・フロインデ・カルテット


本格的な古典作品も難しい感じでなく、親しみやすい温かい音色で、楽しませてもらえました。一人一人の個性豊かなソロも披露され、和やかなで上品なサロンのひとときでした。


★1st ステージ
■ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第1番 ヘ長調 作品18-1
 第1楽章:アレグロ・コン・ブリオ
 第2楽章:アダージョ・アフェトゥオーソ・エド・アパショナート
 第3楽章:スケルツォ(アレグロ・モルト)&トリオ
 第4楽章:アレグロ
■サンサーンス:白鳥(チェロ/境綾子)
■ピアソラ:リベルタンゴ(ヴィオラ/三谷彩佳)

★2nd ステージ
■モーツァルト:弦楽四重奏曲 第23番 ヘ長調 K.590《プロシャ王第3番》
 第1楽章:アレグロ・モデラート
 第2楽章:アンダンテ
 第3楽章:メヌエット アレグレット
 第4楽章:アレグロ
■マスネー:タイスの瞑想曲、グルック:メロディ(ヴァイオリン/藤井はるひ)
■ベートーヴェン:ト調のメヌエット、ゴセック:ガヴォット(ヴァイオリン/畠中みゆき)

 
 
6日(金) 黒瀬奈々子ヴァイオリンライブ


奈々子さんは、現在、東京芸大の3回生。春休みで大阪の実家に帰ってくるチャンスに出演してもらいました。素直で、キラキラした音に、ワクワク希望を感じました。

賛助出演下さったのは、大フィルの団員さんで、奈々子さんの恩師でもある近藤緑さん。師弟での演奏って、いいですね。心和みます。


■クライスラー:中国の太鼓
■コレッリ:2台のヴァイオリンのためのソナタ*
■リムスキー=コルサコフ:シェラザードより「海とシンドバッドの船」*
■ラヴェル:ツィガーヌ
■ブラームス:ソナタNo.2より第1楽章
■モーツァルト:「魔笛」より*
■サラサーテ:ナヴァラ*
■アルベニス:セヴィッリャ*
■アメージング・グレイス*

(*は2台のヴァイオリンでの演奏)

 
 
???
28日(水) シリーズ企画Vol.63
   福田 淳(ob) 中村 真美(cl) 渡邊 悦朗(fg)
       〜トリオ・ダンシュ(Trio d'anche)の夕べ〜


★1st ステージ
■モーツァルト:5つのディヴェルティメント変ロ長調より第2番より
■大島ミチル:風笛〜あすかのテーマ〜(オーボエソロ)
■メンデルスゾーン:春の歌(クラリネットソロ)
■フォーレ:月の光(ファゴットソロ)
■ミヨー:コレットによる組曲より
 1.Entree et Rondeau 2.Tambourin 3.Musette 4.Serenade 
 5.Fanfare 6.Rondeau 7.Menuets 8.Le coucou

★2nd ステージ
■イベール:三重奏の5つの小品より
■ピアソラ:Tanti Anni Prima 「アヴェ・マリア」(オーボエソロ)
■モンティ:チャールダーシュ(クラリネットソロ)
■葉加瀬太郎:情熱大陸(ファゴットソロ)
■ミヨー:Pastorale 「パストラル」

 
 
???
31日(水) シリーズ企画Vol.62
   ソプラノ:斉藤言子(sop)  ソプラノ:上山敦子(sop)
       「春への予感・・・心ときめいて・・・」



ともかく、華やかで楽しく、素敵な、洗練されたステージでした。

ベテランのスターってこういう感じなのだ…と稽古のときから思いました。すいすいと音楽を引っ張って下さり、着いて行くとすっかりその歌の世界を見せて頂ける…。お二人とも、本場イタリアで学んで来られた技術と美しい言葉、そして持ち前の豊かな音楽。どの歌でもあふれる魅力で、満員のお客様もすっかり満足されたご様子。

斉藤言子先生は私の大学時代に神戸女学院でMinor 声楽を教えて頂いた恩師であり、また偶然高校時代の音楽のM先生に、先生も私も、お世話になっていました。そのM先生も遠方から奥様と一緒に応援に駆けつけて下さいました。夢のような一夜でした。


★1st ステージ
■どこかで春が〜春の歌(草川信)*
■さくら横ちょう(中田喜直)
■さくら横ちょう(別宮貞雄)
■Aprile(Tosti)
■Aprile(Leoncavallo)
■O Primavera(Tirindelli)
■すてきな春に(小林秀雄)
■春の小川(岡野貞一)*

★2nd ステージ
■さくら(中田喜直)*
■十六夜(山田耕筰)
■愛の讃歌(Piaf)
■青空に住もう(Donaggio)
■Climb Ev'ry Mountain(Rogers)
■ノルマとアダルジーザの二重唱 歌劇「ノルマ」より(Bellini)*

★アンコール
■見上げてごらん夜の星を

(*はデュエット)

 
 
11日(日) PIA Julienナイトライブ
   フルート:武村美穂子 チェロ:日野俊介



飛び入りも予告されていて、客席も大入りでした。


★1st ステージ
■バッハ「フルートと通奏低音のためのソナタ ホ長調 BWV1035」
■グノー=バッハ「アヴェ・マリア」
■モーツァルト「恋とはどんなものかしら」
■ウェーバー「フルートトリオ」より1、4楽章

★休憩中BGM
■ハイドン「ロンドントリオ 第1番」 (小槇周一(fl)←飛び入り、武村、日野)

★2nd ステージ
■プッチーニ「私のお父さん」
■クーラウ「2つのフルートとピアノのためのソナタ」(2nd Flパートをチェロで)
■バッハ「無伴奏チェロ組曲第3番より ブーレ、ジーグ」(チェロ独奏)
■サティ「Je te veux」
■ピアソラ「オブリヴィオン」「鮫」
■アンコール:エルガー「愛の挨拶」

 
 
???
31日(水) シリーズ企画Vol.61
   フルート:南部靖佳 ファゴット:渡邊悦朗



飛び入りで、重水由紀さんが「千の風になって」を歌ってくれました。南部靖佳さん客席のリクエストにお応えして、「ハンガリー田園幻想曲」を。渡邊悦朗さんは、ピアソラの「アヴェマリア(Tanti anni prima)」を…。

このユニットでは、3月4日(日)の大阪駅前ヒルトンプラザにて、15:30〜&16:30〜のステージ。そして、6月2日(土)ピアジュリアン10周年記念ライブでにて、19:30〜&21:00〜のステージに再登場いたします。


★1st ステージ
■フォーレ/無言歌
■Gabaye/ソナチネより第1楽章(Fl&Fg)
■マスカーニ/(カバレリアルスティカーナ)間奏曲
■ヴィヴァルディ/ファゴットコンチェルト Rv489 へ長調
■シューマン/ロマンス(Fl)
■ピアソラ/鮫

★2nd ステージ
■ロジャース/マイ・フェイヴァリット・シングス
■虹の彼方に
■サン=サーンス/動物の謝肉祭より、「鳥」「白鳥」
■ピアソラ/オブリヴィオン リベルタンゴ
■葉加瀬太郎/情熱大陸

★アンコール
■プッチーニ/私のお父様
■新井満/千の風になって
■ドップラー/ハンガリー田園幻想曲
■ピアソラ/「アヴェマリア(Tanti anni prima)」

 
 


Go top page