top bar
menu bar 1
menu bar 2
Go index
Go profile
Go schedule
Go diary
Go collaboration
Go duet
Go link
 
 
Go PIA Julien

 


???
 
過去分のダイアリー/最新分2004年前半分2003年分2002年分2001年分
???
???
25日 第26回 藤渓優子シリーズ企画 サクソフォンカルテット

昨年は西本淳さんと鈴木恵美さんのサクソフォン・デュエットをお呼びしましたが、今年はさらに2人を加えてのサクソフォン・カルテットです。ソプラノサックス担当の井上麻子さんが6年間のフランス留学からちょうど帰国するので、是非、彼女と一緒にカルテットを・・・と西本淳さんが選んだメンバーでのアンサンブルでした。

 


 
素晴らしいハーモニーでした。さすがに気の合う仲間でのアンサンブルとあって、合図もなくても合わせられるそう・・・特に目に見える合図がなくてもお互いの音を聴き合って、井上さんのリーダーシップに3人が自然に息を合わせることができているのがよくわかりました。昨年のノナカ・サクソフォン・コンクール優勝の記念品でもある、西本さんのバリトンサックスにも注目が集まりました。4人が楽しんでいる様子がよく伝わって、満足な一夜でした。

 


■プログラム
■前半ステージ
 ♪アルベニス:スペイン組曲より セビーリャ
 ♪ソプラノ、アルト、テナー、バリトンサクソフォンのソロ
    メンデルスゾーン:春の歌
    ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
    サン=サーンス:白鳥
    シューベルト:セレナーデ 
 ♪グラズノフ:サクソフォン四重奏曲より 第2楽章「カンツォーナ・ヴァリエ」

■後半ステージ
 ♪リュエフ:サクソフォン四重奏曲より 第1楽章「アントレ」
 ♪バッハ:G線上のアリア
 ♪ドヴォルザーク:スラブ舞曲第10番
 ♪ビゼー作曲 伊藤康英編:カルメン幻想曲

■アンコール
 ♪春の小川


 
 
26日 尼崎ロータリークラブにて卓話

いつもPIA Julienでのステージや、中村葉子さんとのピアノデュエットを応援して下さっている尼崎ロータリークラブの例会で、30分のスピーチと演奏をしました。テーマは「ピアノサロンの音楽」。尼崎ロータリークラブでは、ミニ・コンサートを定期的に開催しておられます。私も、中村葉子さんやシリーズ企画に登場した仲間と一緒に数回お招き頂いて演奏してきました。

そのミニ・コンサートの場が、ヨーロッパで100年ほど前まであったサロンを思い起こさせるのでこのテーマにしました。いつも尼崎ロータリークラブの皆様は私達を温かく迎えて下さって、演奏する側もとても楽しんでできます。私達も皆様においしい音楽をぜひ味わって欲しいと思っています。

これからも、この素敵なミニ・コンサートが続きますように・・・。

 


■スピーチの内容
 ♪ヨーロッパのサロン音楽について
  演奏曲:
   ソナタ L.430(D.スカルラッティ作曲)

 ♪会話に聞こえる音楽
  演奏曲:
   2声のインヴェンションより 第1番、第8番(J.S.バッハ作曲)

 ♪おいしい音楽を親しい方達に伝えたい
  演奏曲:
   オデオン(E.ナザレ作曲)
   乙女の願い(ショパン作曲/リスト編曲)


 
 
6日&10日 Live in PIA Julien

2月6日と10日に久しぶりにソロライブをしました。窓際にはちょっと早めのヴァレンタイン・デートのカップルも見えました。ハートの温まりそうなメニューでお送りしました。

 


■二日間でお送りした曲目(順不同)
 ♪星に願いを(ディズニー「ピノキオ」より)
 ♪ガーシュイン:誰かが私を見つめてる
 ♪サティ:あなたが欲しい
 ♪山田耕筰:ペチカ
 ♪グラナドス:オリエンタル
 ♪グラナドス:嘆き、または美女と夜うぐいす
 ♪グラナドス:スペイン舞曲第5番
 ♪モンポウ:秘めごと
 ♪トゥリーナ:献呈
 ♪アルベニス:セヴィリャ
 ♪アルベニス:入り江のざわめき
 ♪ヒナステラ:もの忘れの木の唄
 ♪ピアソラ:オブリヴィオン
 ♪ナザレ:オデオン
 ♪ヴィラ=ロボス:マンキーニャ
 ♪ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第4番よりプレリュード


 
 
???
28日 第25回 藤渓優子シリーズ企画

とっても面白いライブでした。愉快なトロンボーニスト4人は、練習や打ち合わせのときから和気あいあいと4人で居ることが楽しくてしょうがない様子でした。

私も実は、この企画で初めて「トロンボーン・カルテット」というものを聴いたのですが、その豊かな響きは、寒い冬の晩の空気をほっこりと温めてくれました。

 
オーケストラで遠目に見ていても、近くではなかなか目にする機会のないトロンボーン、小柄な紅一点の川畑さんは、スライドが端まで延ばせないので、スライドにひもをつけて演奏しているところも見せてくれました。

アンサンブルでの充実したサウンドや、風早さんのソロでの華麗さなど、いっぱいトロンボーンの魅力を聴けました。6月頃にもレギュラー・ナイトライブに出演の予定です。

 


■プログラム
■前半ステージ
 ♪ハイドン:天地創造より
 ♪フラッケンポール:ポップ組曲第3番より
 ♪チェイス:トリオ組曲(村井・川畑・今田)
 ♪ギルマン:コンサートピース(風早)
 ♪マイケル・ デイヴィス:
     Trombone Institute of Technology(村井・今田)
 ♪A・ガーファンクル:スカボロ・フェアー
 ♪ガーシュイン:ポートレート
■後半ステージ
 ♪シャイト:カンツォン
 ♪バッハ:フーガ ニ短調
 ♪ドビュッシー:3つの歌
 ♪マイケル・デイヴィス:
     Slide and The Family Bone(村井・今田)
 ♪ホギー・カーマイケル:スターダスト
 ♪“007”〜ジェームス・ボンド
 ♪マイケル・デイヴィス:Outside Looking In
 ♪F.ダヴィッド=I.ルイス編:
     トロンボーン・カルテットとピアノのためのコンチェルティーノ


 
 
某日 今田さん&辻さんの披露パーティに出席

シリーズ企画に出演してくれた、マリンバの辻香織さんと今月の企画にカルテットで出演してくれる、バス・トロンボーンの今田孝一さんがご結婚され、披露パーティに行ってきました。

音楽仲間とご家族とご親戚でのとても和やかなパーティでした。とても幸せそう!

 

 
 
???
31日 シリーズ企画27回 ファンタジーとロマンスの夕べ

フルーティストならプロもアマも誰もが御存じのスター、大フィルのトップ・フルーティスト榎田雅祥さんをゲストにお迎えできました。昨年末に榎田さんが大フィルの神戸国際会館での第9の本番後、偶然ご来店下さった折にお話しする機会があり、この企画への出演を依頼したのでした。

当夜の客席には、榎田さんファンの方、榎田さんの音楽仲間の方たち、お弟子さん、常連の皆さん、そしてピアジュリアンのレギュラー演奏者達の姿もありました。すべてのお客様が榎田さんの笛に聞き入りました。

ご自身は、いつもはシンフォニーホールのように大きくて、客席の遠いホールで演奏しているので、ピアジュリアンはお客様が近くて慣れないので…とおっしゃっていましたが、作曲家についてのお話、ファンタジーという音楽の起源やご自身の楽器のことなど、私達の知らなかったこともたくさんお話しして下さいました。

ハンガリー田園幻想曲の作曲者のドップラーが「ドップラー効果」のドップラーであることも初めて聞きました。稽古のときから、ピアノの伴奏についても多くのことを教えて頂きました。本当にありがとうございます。夢のような一夜でした。

次回はフルート・トラヴェルソを使ってのライブで再登場の予定です。乞うご期待。

 

 
 
30日 ピアジュリアン ゴルフコンペに参加

久しぶりのゴルフは大雨でした。練習は細々とですがずっと続けています。ドライバーがちょっと上手になりました。前にダイアリーに書いたときよりスコアは増えてしまいましたが…(78 88でした)。

楽しいけどまだ、面白い、とまでは言い難いところ…。でも、まだあきらめずにがんばって上手になりたいです。

 

 
 
27日 岐阜県恵那市に演奏に行く

毎年この時期に恵那のNew Waveさんから呼んで頂きます。今年は、昨年も同行願ったメゾソプラノの松澤須美さんに加え、ソプラノの田中郷子さんも一緒に。片道約三時間ほどのドライブです。自然の豊かなところなのに、日帰りで観光の時間がなく残念でした。道中でも桜はまだ見えませんでした。

この三人でのステージは、昨年夏ピアジュリアンで、秋の終わりに恵那の公民館で、そして今回は三度目ということもあり、徐々にパワーアップしてきました。ミュージカルの新曲や、松澤さんが作詞した「かごかき」恵那バージョンも好評でした。また、次回への課題やアイディアが生まれそうな感じです。

私が恵那に行きはじめてからのもうかれこれ4年くらいになりますが、毎回変わらず楽しんで聴いて下さる皆さんとオーナーの青山さんご一家に感謝です。

 

 
 
21日 スターのご来店 井原秀人さんのお誕生会

バリトン歌手・井原秀人さんのお誕生会をしました(井原さんの本当の誕生日は4月11日なのですが)。ピアニスト藤江圭子さんのお声がけでどんな人たちが来るのかな…と思っていたら行ってびっくりのメンバーでした。


ソプラノの田中潤子さん,尾崎比佐子さん、宮西央子さん、バリトンの津國直樹さん、テノールの松本薫平さん、ピアニストの鎌田史子さん、トランペットの雲井千賀さん、食事の後にはデュエットやソロも披露され、舞台上の姿とはまた違ったリラックスした楽しい時間でした。

#藤渓が井原さんに渡しているものは、お家で待っている奥様とお子さまへのケーキのプレゼントです。

 

 
 


Go top page